日本のパン屋の大量ビニール袋使用とKD Kitchenカナダ誕生!そして世界基準の健康の取り組みツール

KD Kitchen


この度、KD Kitchen in カナダが誕生しました!
その話も絡めて、ちょっと長いですが
NYヘルスコーチの現代における
健康への思考のあり方について書いてみます。
ヘルシーって大事よね、、という方、
ぜひ読んでみてください。 
  
 
KDの資格を作って5年目に突入しましたが、
色々な方が色々な思いを持ち
KDというツールで
活躍することを選んでくださいます。
そして資格を作る立場として、
資格とはそういうものなんだ、、
ということ、新たなことを日々学んでいます。
  
これまで主に日本で展開してきたKDKも、
去年からオーストラリアやラスベガスなどで
海外から資格を取得してくださる方が増え
KDKのコンテンツが
グローバルレベルで需要が高いものである
ということが分かります。
これは何より、KDのメッセージやコンテンツが
 
  
グローバルスタンダード=世界の基準
 
 
だからこそであり
NYに住んでいる私だからこそ
伝えられるコンテンツがあるのだと
気付かされます。
 
現代において、病気を防いだり
心身ともにヘルシーな人を育むことは、
単に納豆やバナナを食べたらいいという
日本のTV番組で紹介するようなレベルでなく
地球環境や他生物と調和を取りながら
生きることを目指す
そうしなければ人の健康はありえないことに
絶対的に気づかなければいけません。
そしてその教育に力を入れ、みんなで気づき、
行動を起こして行く必要があります。
  
 
 
日本でパン屋さんに行くと、
パンを1つ1つビニール袋に入れ
1回の買い物で
大量のプラスチックが使われます。
野菜の個包装も過剰すぎるほど過剰で
私たちの健康被害の
大きな問題となっているプラスチックについて
いかに無知であるかを思い知らされます。
 
/ 
Wake up people!!!!! (目を覚ませ!人々よ!)
\ 
 
私はNYに住み
人が健康になる上で
取り組まなければいけない様々なことを
日々の生活から学んでいますが
それは確実に、
個人の健康レベルを目標としたことだけでなく
ありがたく命をいただく動物の飼育環境や倫理観
地球環境、支払ったお金がどのように
社会で使われるのかという
消費者の買い物意識のあり方など、
人の健康は、
本当に多岐に渡って取り組まなければ
得られないものであること

ピックアップ記事

関連記事一覧