NYが教えてくれたありがたいレッスン

KD Body

NYが教えてくれたレッスンの1つに、
「自分の身体を受け入れて大切にする」というのがあるのだけど、
日本に住んでいた頃、自分の脚がすごく太くて嫌いだって思ってた。

周りにいる女の子は私と同様にアジア人だから比較もしやすくて、
自分の太い脚は間違いだって思ってた。
そして、めっちゃ痩せたら
ヨーロッパのモデルみたいな脚になれるって本気で思ってた。
でも人種のるつぼであるNYに来たら、
本当に人種によって体型がこんなにも違うのか!?
ってことを目の当たりにして、
ヨーロッパのモデルになりたいとか思ってたことが
ナンセンスだってことに気付いた。
だって私、ヨーロッパ人じゃないし!アジア人だし!
カニがザリガニになりたいって言ってるようなもんだ。笑。

こうしてアジア人の体型、
いや、生まれもった私の体型を否定する事の無意味さを知った。

それから、色んな体型があって、これが私の身体なんだって、
NYに来て抵抗なく受け入れられるようになった。

そしてすごく気持ちが楽になったし、
自分の身体がもっと愛おしく感じられるようになった。
両親にも世界に一つだけのこの身体を与えてくれたことに
感謝できるようになった。

今の私は、もう特定の体型を目指してない。
それより、ヘルシーなライフスタイルで
自分の身体を大切にケアして、
自分の身体の中にいることがハッピーと感じられることを
これからも維持していきたい。

ピックアップ記事

関連記事一覧